keisatu

保釈金について

Q 刑事事件で保釈される場合の保釈保証金はどれくらい必要ですか?
A 保釈金は、被告人が裁判が終わるまで逃げたり証拠を隠滅したりしないよう担保するためのお金ですので、被告人にとって「没収されては困る」と思えるような金額であることが必要です。

それゆえ、どの罪名で何万円と一律に決まっているものではなく、犯罪内容とともに個々の被告人の資力に応じて決まるものです。

そのため、テレビなどで報道される有名人や政治家の保釈金は何千万円と高額になるのですが、一般人の場合は事件の内容にもよりますがおおよそ100万円から300万円、重大事件で500万円くらいが多いと思います。

Q お金がないときは保釈申請を諦めないといけないのでしょうか。
A 私の経験では、日本保釈支援協会というところから保釈金を借りたことがあります。

日本に親族もいない外国人の事件で、その外国人の友人という人物を保証人にして300万円もの保釈金を貸してくれましたので、大抵の場合には融通してくれると思います。

但し、手数料が若干高いので、依頼者には他に融通方法がないという場合にだけ紹介するようにしています。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら