交通事故

任意保険会社を被告にして裁判をした方が良いときもある

示談交渉の際に保険会社が出てくる場合は加害者は任意保険会社に事故の報告をしているので被害者は必ずしも任意保険会社を訴える必要はありません。

裁判所から訴状が送られて来れば加害者は任意保険会社に報告するからです。

しかし示談交渉で任意保険会社が出てこない場合は、加害者が任意保険会社に事故を報告していない可能性があります。

すると被害者が加害者を訴えて勝訴したとしても任意保険会社は一切知りませんので判決の内容を認めようとしないことがあります。

そこで提訴の段階から任意保険会社を被告に入れておいて後で支払いを拒否できないようにしておくことが必要です。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら