相続・遺言

葬儀費用は誰が負担するのか

被相続人が亡くなった場合,最終的に葬儀費用を誰が負担するのか遺産分割などで問題になる場合があります。

相続人全員の合意があれば遺産の中から相続費用を支出することも可能ですが,葬儀費用が高額な場合など合意できないときは最終的には誰が負担するのでしょうか。

そもそも葬儀費用は亡くなった方が死亡後に発生した債務なので,相続債務ではなく遺産から支出すべきものではありません。

そこで現在では喪主が葬儀を手配していることから葬儀費用は喪主が負担すべきであるとする説が優勢です。

喪主負担とすると誰も喪主をやりたがらないことになるので難しい問題ですね。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら