交通事故

物損事故での評価損の請求

物損事故により車を修理しても、その後中古車として車を売るときに「事故車」扱いになって、値段が下がります。このことを評価損と言ったり、格落ちと言ったりします。

しかし、保険会社は、ほとんどのケースで、評価損を認めようとしません。日本査定協会の評価書を取ると、認めてくれる場合も多いですが、それでも認めない場合は訴訟するしかありません。

ただ裁判例も明確な基準がなく、購入して間もないケースや修理しても機能的に回復しない場合にしか認められず、修理費用の10~30%くらいの金額を認定した裁判例が多いようです。

詳しくは弁護士によく相談してみてください。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら