kinosita

仮差押は重要です

離婚事件等において、せっかく財産分与や慰謝料の請求を認める裁判所の判決や審判を貰っても、いざ強制執行をすると預金を解約されていたり、不動産を処分されていて現金回収が出来ないこともあります。

これを事前の防止する方法としては、財産を仮差押する等の保全手続が重要です。

ただ、保全手続には裁判所に現金の担保提供をする必要があり、事案によっては多額の現金の捻出が必要となるため、やむなく断念するケースもありますね。

しかし、経済的弱者が法の救済を受けれないのは正義に反します。

そこで、法テラスを利用して、支払保証委託契約をし、現金を捻出することなく、保全手続をすることが可能な場合があります。

法テラスの利用には種々の条件もありますが、私はこの制度を利用して、経済的に弱い女性の救済を何度も実現していますよ。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら