rikonbekyo

DVと児童扶養手当

児童扶養手当は、離婚が成立しないと受給できないと思われています。

DV案件の場合、生活費も貰えず妻側が経済的に困窮することがあります。夫側が1年以上養育を放棄した等の場合は例外的に児童扶養手当が受給できることは従前からありました。

それに加えて、平成24年8月の政令改正により夫側にDVによる保護命令が出された場合にも、児童扶養手当が受給できるようになっています。

専門家でも知らない人が多いので、制度改正への情報提供が不十分ではないかと思っています。

 


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら