消費者

転居前の住所に送られたクレジットカードの不正利用

Aさんは、1年余り前に引っ越しましたが、クレジットカード会社に新しい住所を届け出るのを忘れていました。

そのため、カードの有効期限がきて更新のとき、新しいカードは古い住所に郵送され、誰かが新しいカードを利用し、その代金がAさんに請求されてきました。Aさんはその代金を支払わなければいけないのでしょうか?

一般的には、カード会員規約で、会員以外の者がカードを利用したときでも、会員がその代金支払いの責任を負わなければならない、という責任条項が定められています。

この責任条項が有効とされる根拠は、大切なカードですから会員は注意して保管する義務があるのに、その義務を怠ったためカードが不正に使用されたときは、その責任を会員が負わなけれなならない、という点にあります。

Aさんの場合は、そもそもカードが自分の手元に届いていないので、カードの保管に注意しろと言われても、注意の仕様がありませんね。

裁判所も、カード加入契約が効力を発揮するためには、現実にカードが会員に交付されていることが必要であるとして、カードの交付を受けていない会員には支払い義務がない、と判断しています。(判例時報13305号54号頁)


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。