交通事故

自転車に危険運転の規制が適用

警察庁の発表によりますと、2014年の1年間に、自転車による交通事故が全国で12万1000件発生しています。

2015年6月1日から施行される改正道路交通法では、14項目の危険な運転を繰り返し、3年間に2回以上検挙された自転車乗りには、自転車安全運転講習を受けることが義務付けられます。

講習は3時間が予定されています。この受講義務に背いた者は、5万円以下の罰金に処せられます。

改正道交法で指定された14項目の危険行為は、次のとおりです。
① 信号無視
② 通行禁止区域無視
③ 歩道で歩行者への注意を怠った走行
④ 通行区分違反
⑤ 路側帯で歩行者の通行を妨げる走行
⑥ 遮断機が閉まっている踏切への立ち入り
⑦ 信号のない交差点での優先車両に対する進行妨害
⑧ 交差点での右折方法違反
⑨ 環状交差点での進行方法違反
⑩ 一時停止違反
⑪ 歩道での通行区分違反
⑫ ブレーキの付いていない自転車などの運転
⑬ 飲酒運転
⑭ 安全運転義務違反(携帯電話を使用しながら運転等)

排気ガスを出さず、環境に優しい乗り物として人気の高い自転車です。自転車に乗る人は、ルールとマナーを守り、快適でスマートな自転車愛好者を目指しましょう。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら