刑事事件

自動車運転免許取消処分を免停処分に軽減

先日死亡事故で免許取消処分に関する公安委員会の弁明手続に同席し、免許取消処分を免停処分に軽減していただきました。

この事件は、被害者の方が精神的な病いの影響で、第1車線と第2車線の間を自転車でふらふらと走行されていたところに、依頼者の車両が衝突し、死亡させてしまったという不幸な事故でした。

死亡事故ということで、依頼者は、「一発免取」の対象となってしまいました。

運転できないこととなると、たちまち仕事に影響があるため、ご依頼を受けて、公安委員会の弁明手続きに同席しました。

事故態様並びに被害者の遺族も宥恕(ゆうじょ)の意思を示して下さっていること、依頼者には事故歴もなく、地域の警察活動にも積極的に協力されていらしゃることなどを丁寧に説明させていただいたところ、免停処分に軽減していただくことができました。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら