rikonbekyo

出産前のDNA鑑定

胎児認知においてDNA鑑定の問題が提起されることがあります。

出生前親子DNA鑑定では、胎児のサンプルとして羊水を採取して鑑定を行う方法があります。羊水採取は母体にリスクを伴うため、流産の危険性などを踏まえて安全の問題があるとの意見もあります。

最新の技術では、妊娠中の母親の血液(胎児のDNAは母親の血液中に自然に存在するDNA)と、父親と思われる男性の血液のみの採取で、出生前親子DNA鑑定を実施する例もあります。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら