交通事故

全損で車を買い替える時に請求できる経費

修理不可能もしくは修理に自動車評価額以上の費用がかかる場合には、経済的全損として自動車評価額が賠償金として支払われることになりますが、実際に買い替えるには費用がかかります。

これらは自動車価格とは別に損害として認められます。

具体的には
①登録費用、車庫証明手数料、納車費用、廃車費用のうち法定手数料部分及び相当額のデイーラー報酬部分
②同程度の中古車を買うのに要する自動車取得税
③被害車の未経過部分の自動車重量税
が損害と認められます。

したがって経済的全損かどうかを判断するときも修理代とこれらの費用を加算した自動車評価額を比較することになります。

なお車検直後に全損事故に遭った場合に、車検費用全額が無駄になったとしてこれを損害と認めた例があります。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら