交通事故

交通事故で有給休暇を取得すると

交通事故の被害に遭って、サラリーマンの人がやむなく有給休暇を取得することがありますね。

裁判例には

①休業損害として認める例
②慰謝料として考慮する例
があります。

休業損害とする理由は、有給休暇は労働者の権利で財産的価値があるとしています。算定方法は、「年収」×「休暇日数」÷365日と算定しています。

慰謝料とする理由は、実際の減収がない以上、休業損害ではないとしています。

有給休暇の論点でも裁判例が複数あるので交通事故の論点は奥が深いです。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら