rikonbekyo

ひとり親のホームヘルパー派遣制度

母子・父子家庭の支援事業としてのヘルパー派遣制度があります。1.ひとり親家庭になってから2年以内の家庭で派遣が必要な場合
2.小学校3年生を終了する前の児童がいる家庭で派遣が必要な場
3.親または中学生以下の子どもが一時的な傷病の場合
4.親族等の冠婚葬祭に親が出席する場合
5.日常の家事および育児を行っている同居の祖父母等が一時的傷病の場合
6.技能習得のための通学・就職活動、出産、学校の公式行事参加等の場合

援助内容
1.子どもの世話
2.食事の支度
3.掃除、整理整頓
4.洗濯、被服の補修
5.その他必要な用務

費用
所得に応じて、一部費用が自己負担になります。

自治体が窓口になっています。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら