その他

越境ネット通販

日本の業者だと思いネットで商品を注文したら、海外から粗悪品が送られてきたなどの越境消費者被害が急増しているそうです。

消費者庁によると平成24年には1997件だった相談が、平成25年には4215件に急増したとのこと。

消費者庁が外国取引トラブルの専門窓口を設けて注意を促しています。
・サイトやメールの日本語表現が不自然
・サイト運営者の氏名・所在地・電話番号などが不正確
・正規の価格より極端に安い
・支払方法が銀行振り込みだけでカードが使えない
などが特徴だそうです。

模造品販売が確認されたサイトの公表などもしています。
ご注意を。
http://www.cb-ccj.caa.go.jp/


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら