その他

裁判員裁判の判決が最高裁で初の取消し

大阪で、4年前に当時1歳の女児を虐待し、頭を叩くなどして死亡させた両親が障害致死の罪に問われていた事件で、昨日(7月24日)最高裁判所は、一審の裁判員裁判で懲役10年の求刑を大きく上回る懲役15年の判決を破棄し、改めて父親に懲役10年、母親に懲役8年を言い渡しました。

裁判員裁判の判決を最高裁判所が破棄したのは、今回が初めてです。

裁判員裁判は市民の視点を反映させるため5年前に導入されました。

最高裁は、裁判員裁判に反映された市民の意見は尊重しなければならないとしつつも、「裁判員裁判といえども、ほかの裁判との公平性が保たれなければならず、これまでの刑の重さの大まかな傾向を踏まえたうえで、評議を進めることが求められる。

従来の傾向を変えるような場合には、具体的に説得力をもって理由が示される必要がある。」と指摘しました。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら