その他

死亡事故の原因は「あおり運転」だった。

2017年6月5日、神奈川県大井町の東名高速下り線で、追い越し車線に停車していたワゴン車に大型トラックが突っ込み、ワゴン車に乗っていた静岡県の夫婦が死亡し、娘2人がケガをする交通事故が発生しました。

一瞬にして両親を失った娘2人の呼びかけに応じて警察の捜査が進められた結果、この事故は、福岡県に住む建設作業員の男が乗用車で執拗にワゴンを追い回し、異常接近や前方への割り込みを繰り返した挙句、ワゴン車の前方に乗用車を止めて進路をふさぎ、追い越し車線に停車させた「あおり運転」が原因で発生した人身事故であることが明らかになりました。

作業員の男は、その後逮捕されて起訴されたのは言うまでもありません。

これがきっかけで、「あおり運転」が社会問題となっています。この事故が発生した経緯について関心のある方は、当事務所の専門サイト「刑事問題相談センター」を訪問し、「あおり運転罪という罪はあるの?」という記事をごらんください。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら