その他

東京地裁・グーグルに「検索結果の削除」命令

インターネット検索「グーグル」で自分の名前を検索すると、犯罪に関わっているかのような検索結果が出てくるのはプライバシー侵害だとして、日本人男性がグーグルの米国本社に検索結果の削除を求めていた。

平成26年10月9日、東京地裁は、検索結果の一部の削除を命じる仮処分の決定を出したという。

専門家からは「検索サイトに、検索結果の削除を求める司法判断は国内で初めてではないか」とのこと。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら