その他

新しい再犯防止策の試み

ある新聞の社説に出ていたのですが、生活に困って万引きをした高齢者や知的障害者を福祉の支援につなぎ立ち直りを図る試みが東京地検で行われています。

東京地検では、社会福祉士を1人、非常勤職員として採用したそうです。

そして万引きなど比較的軽い罪を犯して逮捕された知的障害者や高齢者に助言し、釈放された場合には福祉施設に入所できるようにしたり、生活保護を受けられるように調整して経済的理由からの再犯を防ぐように努力しているそうです。

また服役後に帰る先のない人を支援する「地域生活定着支援センター」が各地にでき成果をあげているそうです。

このような制度が是非どんどん全国に広がっていって欲しいと思います。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら