その他

交通事故「割り込み」が原因で運転手に無罪判決

多重衝突事故を起こしたとして、自動車運転過失致死傷罪に問われた元トラック運転手の男性に対する無罪判決がありました。

男性は、国道を大型トラックで走行中、隣の車線から入ってきた中型トラックを避けるため車線変更し、前方の乗用車に追突したとのことです。

?乗用車は対向車線に飛び出し、別の車に衝突するなど計6台が絡む事故で1人を死なせ、3人に重軽傷を負わせたとして正式起訴されました。

裁判所は、「中型トラックの進路変更は道路交通法違反で、一般のドライバーが予期し得ない行為」と指摘し、「男性が驚いて車線を変えたことは、ごく自然な判断」と述べたうえで、「隣車線の車が進路変更の合図なしに前方に進入したのが事故の原因」と判断」「男性に過失はない」として、無罪判決を言い渡しています。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら