その他

ネットバンキングの被害補償

ネットバンキング被害と銀行の補償

最近、インターネットバンキンキングをしている方で、預金等の不正払戻しで被害を受けている方がみえます。

このような場合の補償はどうなっているのでしょうか?

偽造カードや盗難カードによる被害については、いわゆる預金者保護法があり、これに基づいての救済がありますが、インターネットバンキングについては特に補償に関する法律はありません。

しかし全国銀行協会の申し合わせで、被害者に過失がない場合には、原則補償するという方針があるようです。

ここで過失がない場合とは、どのような場合かが問題になりそうですが、これは各銀行の判断に任せるということになっているようです。

パスワードの変更管理やパソコンのセキュリテイの不備があった場合に、銀行がどう判断するかが問題になると思われます。

戸田裕三


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら