その他

どの国も経験したことのない高齢者社会に

2014年12月8日、愛知県弁護士会館5階大ホールで開催された高齢者・障がい者からの相談研修を受講しました。

この研修には若手からベテランまで大勢の弁護士が熱心に受講していました。

それもそのはず。2010年の国勢調査によると、65歳以上で一人暮らし世帯の割合は全国平均で24.8%、夫婦のみの世帯は28.6%に及び、両者合わせた高齢者のみ世帯が53.4%に達しています。全世帯の半分以上が高齢者のみで暮らしている実態が、この数値に表れています。

日本は、人口に占める65歳以上の高齢者が占める割合(高齢化率)で2005年に先進諸国を追い抜いて世界トップに位置し、その後も他国との差は開く一方です。

高齢者の三大不安は「健康」、「孤独」、「お金」です。戦後の我が国を無我夢中で復興し、子育てに邁進してきた高齢者の、これら不安に背を向けることなく、正面から受け止めてニーズに応えるための意義ある研修でした。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら