kinosita

ETCレーン付近の事故

ETCレーンで先行車が急ブレーキをかけることがありますね。

先行車が急ブレーキをかけて後続車が追突した場合、交通事故の過失相殺はどうなるのでしょうか?

ETCの利用規程等によれば、先行車が急停止した場合でも追突しないそう措置を講ずべき注意義務が課されているとされます。

そのため、後続車に一方的な過失があるとして、過失相殺を否定する裁判例が主流です(横浜地裁平成19年9月28日判決、東京地裁平成21年7月14日判決)。

では、ETCカードの挿入不全等でETC開閉棒が開かず、先行車が急停止して、後続車が追突した場合はどうでしょうか?

この場合、先行車に過失相殺を認める裁判例(東京地裁平成20年8月12日判決は過失割合10%、東京地裁平成21年11月5日判決は20%)もありますが、過失相殺を否定する裁判例もあります(大阪地裁平成22年4月22日判決、名古屋地裁平成21年9月4日判決)。

ETCレーンでは、十分に速度を落とし、先行車に追突しないよう細心の注意が必要となりますね。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら