その他

AV出演を違約金で強制することは許されない

アダルトビデオ(AV)への出演を拒否した女性が、プロダクション会社から「契約違反」として2460万円の違約金などを請求された訴訟がありました。

平成27年9月9日、東京地裁は「(AV出演は)本人の意に反して強要できない性質の仕事だ」として、会社側の請求を棄却する判決を出しました。

女性の代理人弁護士は「高額の違約金で脅され、AV出演を強要される事例は多い。重大な人権侵害だ」としている。

@朝日新聞より


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら