交通事故

交通事故賠償の算定基準

交通事故にあった場合に、被害者は、どのような基準で加害者(または保険会社)に損害賠償金を請求すればよいのでしょうか?

損害賠償額の算定基準には、大別すると自賠責保険基準、任意保険会社基準、裁判所基準があります。

自賠責保険基準は、いわゆる自賠責保険会社が損害を計算する時に使用する基準で全国一律であり、最低限度の補償基準ということになります。過失相殺も厳密に行うことはしません。

次に任意保険会社基準ですが、これは保険会社が独自に定めている基準であり、保険会社によって異なります。
保険会社によっては自賠責基準とほとんどかわらないような基準を使っているところもあります。過失相殺はかなり厳密に行います。

裁判所基準は各地の裁判所が定めている基準であり、自賠責保険基準や任意保険基準よりも高めに設定されています。

ですから被害が大きくて賠償金が多額になる場合は、裁判を提起して裁判所基準で計算してもらうことが得策です。
なお過失相殺は厳密に行われます。

ですから過失の大きいケースでは任意保険基準や裁判所基準で計算するより自賠責保険の金額が上回ることがあるので、その場合は注意が必要です。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら