syouhisha

振り込め詐欺の未然防止

「紛争処理管理センター」から自宅にハガキが送られてきたという人から、「どのように対応すればいいでしょうか。」という相談がありました。

インターネットで調べてみると、相手は架空の団体でした。

送られたハガキには「貴方が通販で購入した商品代金が未納なので、通販会社は裁判所へ訴状申請した。

裁判所からの出頭通知に応じない場合は、貴方の給料が差押られるかも知れない。

代金未納の心当たりがない場合は当センターに連絡されたし。」というような内容が印刷されていました。

「紛争処理保全センター」とか「紛争処理管理センター」など架空の団体名を名乗り、ハガキを送りつけて、電話連絡を求めるケースが多発しています。

これは、振り込め詐欺の手口です。

ハガキは無視して、絶対に連絡しないことが大切です。

うっかり「私には請求される心当たりがありません。」などと電話すると、「当センターが調査して、払わなくても済むように処理してあげます。」と安心させておいて、後から高額の処理手数料を請求してきます。

不審な郵便物や電話がきたときは、自分1人で判断しないで、家族に相談したり、最寄りの消費生活センターや弁護士に相談するなどして、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

今日の相談者は「助かりました。」と言っておられました。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら