交通事故

既往症の減額割合が減少して損害賠償金が200万円増加した事例

「交渉の結果、既往症の減額割合が減少して損害賠償金が200万円増加した事例」

依頼者は、交通事故に遭い(依頼者に過失なし)後遺障害の認定を受けました。その後、保険会社の代理人弁護士から損害賠償額の提案をされましたが、その金額は、依頼者の既往症を原因に(損害の拡大が被害者自身の事故前からの基礎疾患に原因があるとして)減額がなされていました。

依頼者に既往症があり、損害拡大に影響したことは間違いなかったため、一定額の減額はやむを得ない状態でした。

しかし、粘り強く交渉した結果、減額の割合が下がり、損額賠償額を200万円近く増額することができました。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら