その他

石綿健康被害の建物所有者の責任

報道によれば、近畿日本鉄道の線路高架下の文具店長だった男性が中皮腫で死亡したのは、店内のアスベスト(石綿)が原因と主張し、男性遺族が建物所有者の近鉄に約7300万円の賠償を求めた訴訟で、近鉄に約6000万円の支払いを命じた大阪高裁の差し戻し控訴審判決が確定した。

同訴訟は、1審・大阪地裁判決が、石綿健康被害を巡って建物所有者の賠償責任を認める初の司法判断を示していました。

石綿健康被害の訴訟は、色々ありますが、建物所有者の責任の司法判断として意義があります。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら