その他

相続税増税と生前贈与に対する贈与税特例の影響で生前贈与がブーム

相続税増税と生前贈与に対する贈与税特例の影響で生前贈与がブームになっているようです。

納税通信(第3430号)によれば、5年で4割も生前贈与が増えているとのことです。

生前贈与の方法として、住宅取得等資金贈与の非課税特例を利用する方法があります。

これは、住宅の新築や増改築の資金を子や孫に一括贈与したときに一定額が非課税になる制度です。

もともとは最大1000万円の非課税額でしたが、省エネ住宅を新築した場合の非課税額が拡大されています。

個々の非課税額は案件毎に違うので注意が必要になります。

また、信託銀行がアピールしていますが、教育資金の贈与信託、結婚育児資金の贈与信託も増えています。

教育資金の贈与信託は30歳未満の孫等に教育資金を贈与するときに1人当たり1500万円まで非課税になるものです。

既に1兆円も利用されているらしいです。

結婚育児資金の贈与信託は20歳以上50歳未満の子や孫等の贈与で一人当たり1000万円が上限(結婚資金は300万円)に非課税になります。

その他

生前贈与がブームです

相続税増税と生前贈与に対する贈与税特例の影響で生前贈与がブームになっているようです。

納税通信(第3430号)によれば、5年で4割も生前贈与が増えているとのことです。

生前贈与の方法として、住宅取得等資金贈与の非課税特例を利用する方法があります。

これは、住宅の新築や増改築の資金を子や孫に一括贈与したときに一定額が非課税になる制度です。

もともとは最大1000万円の非課税額でしたが、省エネ住宅を新築した場合の非課税額が拡大されています。

個々の非課税額は案件毎に違うので注意が必要になります。

また、信託銀行がアピールしていますが、教育資金の贈与信託、結婚育児資金の贈与信託も増えています。

教育資金の贈与信託は30歳未満の孫等に教育資金を贈与するときに1人当たり1500万円まで非課税になるものです。

既に1兆円も利用されているらしいです。

結婚育児資金の贈与信託は20歳以上50歳未満の子や孫等の贈与で一人当たり1000万円が上限(結婚資金は300万円)に非課税になります。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら