その他

犯罪被害者支援の地域差

現在国の犯罪被害者給付制度がありますが、それとは別に各地域で独自の条例を作って被害者の援助を行っている地域があります。

国の犯罪被害者給付制度は、申請から至急まで時間がかかるので、当面の経済的支援として見舞金支給制度を設定しているのは全国で98市町村で5,5パーセントです。

また貸付金制度は2県7市区町村で0.5%です。また被害者の住居場所確保のため公営住宅への優先的入居を認める配慮をしている自治体も一部にはあるようです。自分の居住地の支援制度をチェックしてみる必要があるようです。

戸田裕三


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら