その他

海賊版電子書籍の差し止め

電子書籍の海賊版に対する差し止めが出版社に認められます

文庫本単行本の海賊版については、出版会社からの差し止めが認められていました。

しかし近年はやりの電子書籍に対する海賊版が出版社には法律的な手が無く問題になっていましたが、法律的に解決がはかられました。

著作者が出版契約を出版社と契約する際に電子書籍の出版権も出版会社に与えれば出版会社が海賊版に差し止めができるようになりました。

今後は、著作権者が積極的に出版会社と電子書籍の出版権を出版社に与えるものと思われます(電子出版を当面予定していなくても可能です)。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら