その他

検察官と時代の流れ

民事の損賠賠償請求事件(被害者事件)に関連して刑事事件を担当する検察官と協議しました。

昔の検察官は態度が横柄で起訴方針等を質問しても、「お答え出来ません」と冷たくあしらわれたものです。

しかし、今の時代の流れもあるでしょうが、今回の検察官は本当に懇切丁寧に対応して頂きました。

現在の捜査状況、今後実施する予定の実況見分の内容、起訴方針まで検察官から詳しく説明してもらえました。検察官の意識改革は歓迎すべきことです。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら