その他

幼稚園の屋内プールでの園児死亡事故

平成23年7月、私立幼稚園の屋内プールで、3、4歳の園児11人のプール活動中、担当教諭が片付け作業に気を取られている間に、1名の園児が溺死したという事故がありました。

問題のプールは水深が約21センチで、担当教諭は、短大を卒業して就職したばかりの新任教諭であり、まだ教育や指導をほとんど受けずに単独でプール活動を担当させられていたそうです。

平成26年3月24日、横浜地裁は、水深約21センチでも園児がおぼれる危険性があるとし、担当教諭は目を配る注意義務があるのに片付けに気を取られそれを怠った、と指摘しました。
その上で、当時の担当教諭に対し、業務上過失致死罪が成立するとして罰金50万円を言い渡しました。

園児の遺族にとっても、担当教諭にとっても、非常に辛い事故であったいうほかありません。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら