その他

リベンジポルノの罰則

2016年のリベンジポルノの被害相談は1143件あったそうです。

リベンジポルノを阻止する法律が平成26年11月27日に施行されました。

これは、いわゆるリベンジポルノが社会問題となってきたことから法律で私事性的画像記録(電子データ)や記録物(写真・ビデオテープ・CD-ROM・USBメモリー等)を不特定または多数の人に提供したり、公然と陳列した者は、3年以下の懲役か50万円以下の罰金となります。

誰であるかがわかるような性的な写真のばらまきやインターネットでの公表はこれに該当します。

また自らはしなくても、誰かにやらせる目的で情報や資料をすれば1年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

したがって例え少数の人に提供しただけでも、そこから広がることが予想されている場合には提供自体が問題となります。

その他

リベンジポルノの罰則

2016年のリベンジポルノの被害相談は1143件あったそうです。

リベンジポルノを阻止する法律が平成26年11月27日に施行されました。

これは、いわゆるリベンジポルノが社会問題となってきたことから法律で私事性的画像記録(電子データ)や記録物(写真・ビデオテープ・CD-ROM・USBメモリー等)を不特定または多数の人に提供したり、公然と陳列した者は、3年以下の懲役か50万円以下の罰金となります。

誰であるかがわかるような性的な写真のばらまきやインターネットでの公表はこれに該当します。

また自らはしなくても、誰かにやらせる目的で情報や資料をすれば1年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

したがって例え少数の人に提供しただけでも、そこから広がることが予想されている場合には提供自体が問題となります。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら