その他

アギーレ監督の訴追を裁判所受理

サッカー日本代表のアギーレ監督が八百長に絡んだとしてスペイン検察当局から訴追されていた問題で、裁判所が訴追を受理しました。

日本人の感覚では、検察当局の訴追を裁判所が受理したと聞くと、アギーレさんが起訴され、刑事裁判がはじまると思ってしまいがちです。

しかし、スペインでは我が国と違って予備審問という制度があり、予審判事が十分な証拠があると判断しないと起訴にはなりません。まだ起訴の一歩手前という訳です。

しかし、いずれにしても、アギーレ監督が極めて厳しい立場にあることは間違いないと思います。


この記事を書いたのは:旭合同法律事務所(名古屋)

愛知県名古屋市にある法律事務所です。

旭合同法律事務所(名古屋)の記事一覧はこちら