弁護士 平田伸男

弁護士 平田伸男(ひらたのぶお)
弁護士 平田伸男
(ひらたのぶお)

弁護士(岐阜事務所)

生年
1982年8月
出身大学
創価大学
南山大学法科大学院
弁護士登録
2010年12月
元・現職
岐阜県弁護士会消費者問題救済センター、高齢者・障害者権利擁護センター、社外取締役及び社外監査役2社
モットー
初志貫徹
特に経験・関心のある分野
離婚、相続、交通事故、著作権法、フランチャイズ契約

AREAS OF PRACTICE

岐阜県岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、羽島郡、岐南町、笠松町、本巣郡、 北方町、大垣市、海津市、養老郡 – 養老町、不破郡 – 垂井町、関ケ原町、安八郡 – 神戸町、輪之内町、安八町、揖斐郡 – 揖斐川町、大野町、池田町、関市、美濃市、美濃加茂市、可児市、郡上市、加茂郡 – 坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、可児郡 – 御嵩町

主に従事してきた分野

離婚事件、遺産分割、会社法務、著作権法、交通事故、労働事件
フランチャイズ契約、債権回収

1、経歴

昭和57年に名古屋市東区で生まれ,小学校から中学校卒業まで名古屋市西区で過ごしました。
高校からは大阪の関西創価高校に進学し,3年間寮生活をしていました。寮で3年間を共に過ごした友人は,全国に散らばっていますが,今でも交流があり,一生涯の財産だと思っています。
その後,東京の創価大学に進学し,法科大学院は地元名古屋の南山大学に進学しました。大学院を卒業後,平成21年に司法試験に合格しました。日本の三大都市の全てに住みましたが,名古屋が一番住みやすいです。平成26年9月から岐阜事務所で執務することとなり,現在は岐阜市で暮らしています。

2、心掛けていること

法律の手続や法律用語などは一般の方には馴染みがなく,わかりにくいことも多いと思います。依頼者の方の目線に立ち,分かりやすい説明,納得できる解決を心掛けています。

また,弁護士というと固くて話しづらいというイメージがあるかもしれませんが,話しやすくて親しみのある敷居の低い弁護士になるよう心掛けています。

労働基準法が改正され、2019年4月1日から順次施行されます。
今回の改正では、時間外労働の規制が強化されました。
時間外労働の限度時間が原則1ヶ月45時間以内、1年間360時間以内となりました。
また、36協定に特別条項があり、予見できない業務量の大幅な増加など。特別な事情がある場合でも、年間720時間、単月100時間、複数月平均で80時問を超えることは出来なくなりました。
なお、中小企業は2020年4月1日の施行となります。
違反企業には罰則もあるので、早めの対策が必要です。
労基法や民法など昨今は大きな法改正が続いています。
お困りの際はお早めにご相談ください。

弁護士 平田伸男 からのご挨拶

岐阜県岐阜市を中心に活躍する弁護士 平田伸男よりご挨拶の動画です。